夏の養生 上手な汗のかき方と夏冷え


こんにちは。

アロマスフィアの戸張です。

梅雨明けも間近に迫り、いよいよ夏本番ですね。アロマスフィアでは季節限定コースを行い、夏の身体づくりを始めています。

夏は太陽の陽の気をたくさん浴びて、キチンを汗を出すことで関節がゆるみ、身体が動きやすくなる季節です。昔から人は、暑いこの季節に狩りや農作業に励んできました。

 

上手な汗のかき方は、急に汗をひっこめないこと。

夏の養生で、汗を出すことはとても大切です。毛穴が開き、関節をゆるめ体の熱を逃がしてくれます。また皮膚からしっかり解毒を行うことで、秋冬にフル活動をする腎臓を休息させてくれます。身体は本当に良く出来ているなぁと思います。ここまで冷房が普及していない時代は、夏に汗をかくなんて当たり前のこと。でも今は意識して行わなければいけなくなってしまいました。

上手な汗のかき方は、汗を出しきること。急に汗を引っ込めないことです。(←この汗のひっこめ結構やってます。)暑い中歩き回り、冷房で冷えた場所に入ると気持ち良いけど、実は体にはかなり負担がかかります。お風呂から出てタオルで体を拭いてもなかなか止まらない汗をしっかり出してあげることが大切です。汗が出ている間は扇風機やうちわの風で、ギンギンに冷えたビールではなく、常温のお水で涼みましょう。汗が落ち着いた頃には、体から熱が抜けているのを感じます。

私自身も汗出しを行っていますが気持ちいいなぁと思うのは、熱はもちろん、体の疲れも外に出て行く抜け感です。心地よい脱力感。一日一回はしっかり汗出しをして、身体に溜まった余分な熱も毒素も疲れもさよならしましょう。だるくて重くて動けない身体ではなく、元気に動ける夏を目指します。

 

放熱しやすい身体=冷えの入りやすい身体

このところお客様のお体に触れて感じることは、夏冷えをされている方が多いことです。特に腰回りや首の後ろや足元。関節がゆるみ放熱しやすい身体は=冷えの入りやすい身体です。

『トリートメント中、オイルが温かく感じて自分の身体が冷えているのに気がついた。今、とても体が温かいです』

トリートメントを終えて耳にするお声です。夏の冷えは、冬より身体にダメージを与えるにもかかわらず、気づきにくい怖さがあります。

 

5種のスパイスハーブ精油とセントジョーンズワート油

アロマスフィアでは、身体を巡らせ元気をくれる精油をイメージして、ジンジャー、ブラックペッパー、ローズマリー、レモングラス、ジュニパーベリーのスパイス精油と慢性的な疲れやスリミングでも有名なセントジョーンズワート油をブレンドしたオイルを使い全身のオイルトリートメントを行っています。

 

2016年夏のメニュー

 

夏の季節限定コース  8月末まで

セントジョーンズワート油&スパイス精油ですっきりボディ
〜ペパーミントのヘッドトリートメント付き〜

施術時間 80分 10,800円

夏冷えや蓄積された疲労をリセットして、楽しい夏を過ごしましょう!ご来店をお待ちしております。

アロマスフィア

 

 


2016-07-19 | Posted in 夏のメニュー, 季節限定コースComments Closed 

関連記事